Top >  高麗人参とその成分 >  高麗人参エキスとアルコール濃度

スポンサードリンク

高麗人参エキスとアルコール濃度

糖は水に溶けやすいという性質をもっています。
人参には糖が多く含まれているので、高麗人蔘エキスを抽出するときには、アルコール濃度を低くすればするほど、抽出率が良くなるという訳です。
アルコール抽出するときには、エタノールが使われるそうです。
例えば、水100%で高麗人蔘エキスを抽出すると、その抽出率は50%弱になるそうです。
ところがエタノール濃度100%だと、20%以下に落ちてしまいます。
エタノール濃度を75%にすると、35%程度にあがります。
また実験結果から、エタノールの濃度を55%にすると45%弱に、エタノールの濃度を35%にすると45%強になるということがわかりました。
この数字なら、水100%の抽出率とほとんど変わらなくなりますね。

 <  前の記事 高麗人参とその成分  |  トップページ

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の秘密」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。