Top >  高麗人参とその成分 >  高麗人参とその成分

スポンサードリンク

高麗人参とその成分

1840年、アメリカ人参からカンフルに類似した物資を抽出したのが、アメリカのラフィネスキス。
これにより、人参成分の研究が始まりました。
そして1854年には、ガリック(米国)がカナダ産のアメリカ人参から糖原質を単離し、その有効物質をパナキロンと命名しました。
現在ではサポニンと総称されています。
その後1889年に、ウスリー産人参から同一物質を抽出したのが、ロシアのダビドウ。
1961年になると、人参サポニンを加水分解し、オレアナン骨格を持つオレアノール酸を単離し同定します。これは、ホールハーマー(ドイツ)によって行われました。また1962年には、柴田承二らによって化学構造が決定されました。
人参サポニンの大部分はダマラン骨格を有する、ということを明らかにしたのです。

 <  前の記事 高麗人参のサポニン  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参エキスとアルコール濃度  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の秘密」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。