Top >  高麗人参とその成分 >  高麗人参のサポニン

スポンサードリンク

高麗人参のサポニン

高麗人参は、強精・強壮・不老長寿などいろいろな効果があげられ、いろんな漢方薬に配合されています。
1854年、ガリックという学者が高麗人参の成分についての最初の研究をし、有効物質を抽出して、パナキロンと命名したことが最初だといわれています。
現在、このパナキロンはサポニンと総称されているものに含まれています。
サポニンとは、動植物界に広く存在する物質で、もともと一般的に、水に溶かすとなかなか消えないような、泡たつ性質をもつ成分につけられたもののことをいいます。サポニンはシャボン玉の語源とも言われています。
またその泡立つ性質を利用することにより、洗剤が作られたとも言われています。
サポニンに対する研究がさかんになってきたのは最近のことで、医薬品として優れた効果を示すことがわかったという理由からです。

 <  前の記事 高麗人参とサポニン  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参とその成分  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の秘密」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。