Top >  高麗人参とその成分 >  高麗人参とアルカロイドの働き

スポンサードリンク

高麗人参とアルカロイドの働き

免疫細胞である、Bリンパ球とマクロファージの機能を活性化させる働きがあるといわれているのは、高麗人参の窒素含有塩基性化合物であるアルカロイドです。
大食細胞といわれているマクロファージですが、その働きは抗体産生系に食べた異物の情報を伝え、免疫反応を促進させる働きがあります。
またBリンパ球は、抗原刺激に反応することにより、抗体産生細胞に分化しリンホカインを分泌します。
Bリンパ球とマクロファージが活性化することにより、身体全体の免疫力が高まるのです。
免疫力が高まるということは、自然治癒力も高まるということになります。
ですので高麗人参は、肝障害、糖尿病、アトピー、後天性免疫不全症候群(エイズ)、そしてがんの治療や予防などにもその効果は大きく期待できるというわけです。

 <  前の記事 高麗人参とその成分(アルカロイド)  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参とアミノ酸(アルギニン)  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の秘密」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。