Top >  高麗人参とその成分 >  高麗人参とその成分(アルカロイド)

スポンサードリンク

高麗人参とその成分(アルカロイド)

ドイツの科学者マイスネルが、1818年に植物に含まれる窒素含有塩基性化合物発見したことにより、これらをアルカロイドと呼ぶようになったそうです。
窒素含有塩基性化合物とは、複雑な構造を持つモルヒネなどにも含まれています。
その例として、パパベリン、ナルコチン、ロベリン、アヘンアルカロイド、コデイン、コカイン、エフェドリン、エルゴタミン、キニーネ、ストリキニーネ、レゼルピン、ニコチン、スコポラミン、アトロピン、ヨヒンビンなどがあります。
高麗人参の成分の中で最も重要な働きをするのがアルカロイド(含窒素塩基物質といわれています)である、ということが最近になりわかってきたそうです。
アルカリにオイドをつけたものをアルカロイドといい、ラテン語でオイドとは似たようなという意味を持っているそうです。

 <  前の記事 高麗人参と栽培環境  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参とアルカロイドの働き  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の秘密」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。