スポンサードリンク

« 2008年03月16日 | Top2008年03月19日 »

【最新記事】

1840年、アメリカ人参からカンフルに類似した物資を抽出したのが、アメリカのラフィネスキス。
これにより、人参成分の研究が始まりました。
そして1854年には、ガリック(米国)がカナダ産のアメリカ人参から糖原質を単離し、その有効物質をパナキロンと命名しました。
現在ではサポニンと総称されています。
その後1889年に、ウスリー産人参から同一物質を抽出したのが、ロシアのダビドウ。
1961年になると、人参サポニンを加水分解し、オレアナン骨格を持つオレアノール酸を単離し同定します。これは、ホールハーマー(ドイツ)によって行われました。また1962年には、柴田承二らによって化学構造が決定されました。
人参サポニンの大部分はダマラン骨格を有する、ということを明らかにしたのです。

スポンサードリンク

高麗人参の秘密

高麗人参が日本に伝わったのは千年以上の昔。それ以来、強精・強壮・不老長寿などの多様な効能のある高麗人参は、長い間珍重され続けてきました。「高麗人参の秘密」では、いろいろな漢方薬に配合されている高麗人参の効能の秘密を探っていきます。


更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo