Top >  高麗人参の加工と分類 >  高麗人参の加工とその分類

スポンサードリンク

高麗人参の加工とその分類

加工法の違いにより3つに分類される高麗人参ですが、その種類は、生干(ショウボシ)人参、白参、紅参の3つに分類されます。
生干(ショウボシ)人参とは、生の人参を水洗いして、皮を剥がさずにそのまま乾燥させたものです。
有効成分のサポニンの含有量が高く品質がよいそうです。しかし外観的には、黄みがかっていて見栄えが悪いそうです。
その他には、加工法の違いにより白参と紅参に分けられます。
また分類の仕方としては、高麗人参の主根以外の部位による分類があります
。間引き人参(苗毛)、ひげ人参、束毛人参などがあげられます。
6年根の太いものから出ているひげ根(側根)を摘み取って乾燥したものを、ひげ人参といいます。
含有量がサポニンの成分より多いので、精神安定作用が強く、人参より苦味が強いそうです。
成分においては、強いサポニン群を含んでいるので、、体内の脂肪やタンパク質合成を促進させる働きをもっています。

 <  前の記事 高麗人参と乾燥人参(紅参)  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参の主根以外の部位による人参の分類  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の秘密」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。