Top >  高麗人参の加工と分類 >  高麗人参と乾燥人参(白参)

スポンサードリンク

高麗人参と乾燥人参(白参)

生人参を水洗いした後、竹ベラで薄皮を剥がし乾燥させ、美しい白色を呈しているものを白参といいます。
白参のなかには、直参(チョクサン)と曲参(キョクサン)というものがあります。
人参の足の部分やひげ根を除いて、まっすぐの太い部分だけにしたものを直参(チョクサン)といい、さっと湯通しした後、人参の足の部分を曲げてヒモで縛って乾燥させたものを曲参(キョクサン)といいます。
このように、高麗人参は加工法の違いによって分類されるのです。
見栄えよく見えて美しい白参なのですが、とても多くのサポニンがかき取られた皮に含まれています。
ですので、皮を剥ぐということは、有効成分を無駄に捨ててしまうということになるのです。
生干人参よりそのためサポニン量が少なくなり、生干人参よりも薬効が落ちてしまう、という欠点があります。

 <  前の記事 高麗人参とオタネニンジンの由来  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参と乾燥人参(紅参)  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の秘密」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。