Top >  高麗人参とは? >  高麗人参とオタネニンジンの由来

スポンサードリンク

高麗人参とオタネニンジンの由来

初めて日本に高麗人参が伝わったのは、739年、新羅孝王3年の時です。
渤海文王が、人参30斤を東大寺に送ったことが記されているそうです。
江戸時代中期になった頃から、一般庶民にも用いられるようになったそうです。
その当時は、娘を売ってまで買われていたほど、高麗人参は高額だったようです。
時代劇の中でもそのような話はよく出てきますが、その頃から高麗人参は話題があり、江戸時代では重宝していたもののようです。
また諸藩の財政を救うために、時の幕府は人参の栽培を奨励していました。
このようなことから、中国や朝鮮から渡来してきた人参の種子のことを御種(オタネ)と言うようになったとされています。

 <  前の記事 高麗人参と名称の由来  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参と乾燥人参(白参)  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の秘密」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。