Top >  高麗人参とは? >  高麗人参と名称の由来

スポンサードリンク

高麗人参と名称の由来

Nees von Esenbeck(ドイツ)によって、1833年にPanax schinseng var. Coraiensis Ness」と最初に命名されました。
しかしその後、カールアントン・フォン・メイヤー(ソ連)が、1842年に「パナックス・ジンセング(Panax Ginsen C.A.MEYER)」と修正されました。
ギリシャ語で「万能薬」を意味するパナックス(Panax)。そしてジンセング(ginseng)の由来は、人参の中国発音からになります。
ちなみに学名「Daucus carota L.var.sativa DC.」は、セリ課の植物である赤い人参のことをいい、高麗人参とは全く別のものです。
赤い人参は中国やヨーロッパから、江戸時代に食用として渡来しました。
人参ということもあり、日本では薬用の人参と混乱が生じてしまいました。
しかし外国では、高麗人参と赤い人参(キャロット)との混乱はありません。
そういうのも、ジンセングと呼ばれている高麗人参は、食品ではなく医薬品に分類されているからです。

 <  前の記事 高麗人参と歴史  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参とオタネニンジンの由来  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の秘密」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。