Top >  高麗人参とは? >  高麗人参と歴史

スポンサードリンク

高麗人参と歴史

高麗人参の起源は、数千万年前ともいわれている人参族植物。
人参の薬効としての評価は高く、またその歴史は極めて長いものです。
李時珍さんによって書かれた「本草綱目」(1596年刊行)によると、薬用価値が高いという理由から乱獲され、明代には絶滅に瀕したそうです。
その結果、試験的な栽培が開始されました。
長い間、珍重されてきた歴史がもり、ある時代には不老長寿、強壮、強精、起死回生の霊薬とされていました。高麗人参は五加木(ウコギ)科の多年草で、北緯40〜48度の極東シベリアや、緯43〜47度にある長白山脈を中心とした中国東北部や北緯34〜43度の韓半島内の山の中が原産です。
また高麗人参の自生品の分布はごく希にしかしておらず、オタネニンジンの根を起源とする生薬で、薬用資源の部類としては極めて少ないものだそうです。

 <  前の記事 高麗人参の栽培法  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参と名称の由来  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の秘密」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。