Top >  高麗人参とは? >  高麗人参の栽培法

スポンサードリンク

高麗人参の栽培法

人蔘はもともと木陰を好む植物ですので、高麗人参の栽培にも日よけ欠かせません。
屋根を藁むしろなどでおおい、前を高く後ろを低くします。
また、日光や雨の調節にも気を配らなければなりません。特に夏は、炎天下にさらされてしまう人参畑。
木陰を好む人参にとって、夏の直射日光は大敵です。
成長過程の中で1年目から6年目までは、毎年人参の地上に出ている部分は枯れてしまい、根だけが冬を越します。
春になると新しい茎が出ますが、茎につく葉柄は1年目は1本、2年目は2本、3年目には3本と毎年1本づつ増えていきます。
ですので、6年目にもなると6本となります。
しかし面白いことに、7年目以降は増えません。
人参の収穫時期は9月〜10月、村をあげての大作業になります。
特に6年根は、有効成分のバランスがよく量も多いので、人々の顔は喜びにあふれます。
いい人参といわれるものは、人の姿に似て胴が太く、支根も長く太いものが3・4本あるものだそうです。

 <  前の記事 高麗人参の葉とその大きさ  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参と歴史  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の秘密」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。