Top >  高麗人参とは? >  高麗人参と栽培環境

スポンサードリンク

高麗人参と栽培環境

斜面は北向きで夏は涼しく、適度の雨量があり、土壌に腐植質を多く含んでいて、水はけのよい樹の下。
これが、高麗人参にもっともよいとされている自然環境だそうです。
逆にあまり適さないのは、排水不良地、強い酸性土壌、強い乾燥地、高温多湿の地方になります。
高麗人参は強い光を嫌う性質があり、わずかな太陽の光線で十分に成長するそうです。
1年根で10%、3年根で15%、6年根で20%近くが、有効成分の含有量に達するそうです。
しかし6年を超えて栽培すると、肥大し過ぎて割れやすくなったり、腐ったりしてしまいます。
また有効成分の少ない根の中心の木部が主になることから、ウィルスや害虫などの病原菌におかされやすくなります。
このような問題が生じてくることから、通常は6年以下の栽培年数で出荷されるそうです。

 <  前の記事 高麗人参と栽培の歴史  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参とその成分(アルカロイド)  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の秘密」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。