Top >  高麗人参とは? >  高麗人参と栽培の歴史

スポンサードリンク

高麗人参と栽培の歴史

徳川幕府が江戸時代の享保の時に、野州の日光地方(今の栃木県)で試作させたといわれているのが、日本における高麗人参の栽培の始まりだそうです。
その後、全国各地の薬園で栽培されるようになるのですが、元々幕府が人参を大衆化するために、諸大名に種苗を分け与えて栽培を奨励したことがきっかけだといわれています。
「オタネニンジン(御種人参)」の名は、大名たちの藩の財源となったことから由来されているそうです。
栽培農家としては、長野県の丸子町、福島県の会津磐梯山の麓、島根県の大根島だけが、現在でも残っているようです。
長野県上田佐久地方で約70%、福島県会津若松地方で約20%、島根県八束町で8%が、日本の人参生産量を占めています。
高麗人参の場合は、収穫されたほとんどの人参は、紅参に加工され輸出されていますが、韓国産と吉林、黒竜江の中国産で70から80%を世界的に占めています。

 <  前の記事 高麗人参の主根以外の部位による人参の分類  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参と栽培環境  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の秘密」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。