Top >  高麗人参とは? >  高麗人参の葉とその大きさ

スポンサードリンク

高麗人参の葉とその大きさ

高麗人参の葉の表面は緑色、裏側は表面よりも薄い緑色になっていて、葉の表面には白い絨毛が出ています。
また一年根の高麗人参の葉は、小さな3枚の葉っぱからなっています。
二年根以上のものは、5枚の葉っぱからなっています。その形は長い楕円形、先は尖って葉の周辺はのこぎり状の形をしています。
5枚の小葉の真ん中の三枚は大きく、左右の二枚は小さくなっていて、手のひらを広げたような形をしています。高麗人参は土の中で生育していきますが、土の上にでている茎の終わりに枝があり、その先に葉があります。
生育年数により一枚ずつ増えていく複葉の数ですが、その葉の大きさと数を見ることで、何年根の高麗人参なのかということが判断できます。
秋になって葉が枯れてくると、紫紅色から黄色に変化していきます。

 <  前の記事 高麗人参の赤い実  |  トップページ  |  次の記事 高麗人参の栽培法  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の秘密」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。