Top >  高麗人参とは? >  高麗人参の赤い実

スポンサードリンク

高麗人参の赤い実

5月中旬になると、初夏の韓国の風物詩になっている高麗人参は、緑白色のかわいい集合花をつけます。
そしてその後、高麗人参は赤い実をつけます。
高麗人参の実が真紅に色づくのは、7月初旬。
7月中旬ごろに、種採り作業を行います。
種採り用の4年根だけの実を熟させるのです。
赤い実の中には、普通2個の種子が入っていて、外皮は固くなっています。
ではいつ頃、畑作りと種まき作業を行うのでしょうか?まず苗を育てるための畑作りは、10月におこないます。そして11月になると、1坪1200個の苗床の穴に、1粒ずつ種をまきます。
土の中で冬を越えた種子は、翌春には発芽します。
そのとき、上下に葉と根を伸ばしています。
4月にもなると、苗床いっぱいに薄緑の高麗人参の芽が出そろい、いよいよ生命の営みが始まるのです。
2年目の4月になると、無事に根づくかどうか心配ですが、苗を本畑に植え替える作業を行います。

トップページ  |  次の記事 高麗人参の葉とその大きさ  > 

         

更新履歴

お気に入り

買い取り 本

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高麗人参の秘密」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。